装飾材の輸入建材

輸入住宅を作るなら、その内装や外装にも気を使う必要があります。

 

やはり内容や外装は一番目に入るところですし部屋全体の雰囲気に影響を与える部分です

 

そこで内装や外装にどのような素材が使用されているのか調べてみることにしました。

 

まず輸入住宅の魅力といえば彫刻や使われているタイルの芸術性にあります。

このような美しい輸入建材を柱、階段の手すり、モールディングとして使用することにより、より華やかで高級感あふれる雰囲気を演出することができます。

このような部分に使用される素材は木製の細かな彫刻を施したものが多いのが特徴です。

 

外装の場合でもモールディングやバルコニーの柱や手すりに細やかな彫刻を施した輸入建材を使用することで、より高級感を与えることができます。

その他、屋根部分に妻飾り・アイアン飾りをつけると、よりゴージャスな雰囲気を演出することができます。

 

また内装や外装だけではなく屋外にある水道の栓を輸入建材に交換し、高級感を出すといったことも行われています。

業者にお願いする以外にも自分で輸入建材を購入し、気になる部分に装着してもよいでしょう。

こうすることにより自分好みの輸入住宅に仕上げるといった楽しみを持つことができます

 

 

 

フロアーの輸入建材

輸入住宅を作るとき、フロアも重要ですね。

 

そこでフロアに使われる輸入建材の種類などについて調べてみようと思いました。

まず海外といえば日本と違いフローリングが一般的です。

フローリングとしての輸入建材はその種類も豊富で、好みや機能などによって自由に選択することができます。

 

ただ、実際によく使用されている人気のものはオークやメイプル、チェリーといった広葉樹を使用した素材が多いようです。

 

海外では日本とは違い土足で家に上がるのが一般的です。

そのためフロアーに使用されている素材の中でもオークやメイプル、チェリーといった硬く傷つきにくい広葉樹を使用したものに人気が集まっているのです。

オークやメイプル、チェリーは傷がつきにくいといったメリットがありますが、ただそのような輸入素材の場合、冷たい感じを受ける場合もあるのです。

 

反面、パイン材のフロアーは木目が美しくぬくもりがあることから、木のぬくもりを求める人にお勧めです。

ただその分、傷がつきやすくもあるので、お子さんやペットを飼っている人はその点を十分考えたうえで選んでいくとよいと思います。

 

最近ではこのような素材に加え表面コーティング加工を施し傷つきにくく水や火にも強いといった素材も登場しています。

 

それぞれの輸入建材の特性を考えたうえで、それぞれの輸入住宅に合った素材を選ぶようにするとよいでしょう

キッチンの輸入建材

輸入住宅を作るとき重要になる部分はキッチンです。

キッチンといえば家族の料理を作る場所ですし、家の中でも中心といっていいほど重要な場所ですね。

キッチンによってその輸入住宅の雰囲気も決定されるといっても過言ではありません。

 

そこでヨーロッパ風のキッチンの輸入建材について考えてみることにしました。

 

ヨーロッパのキッチンは機能性、収納スペースを重視した設計になっていることが多いのです。

それでありながらデザインも上品で洗練されたものが多いのです。

またシンクやガスレンジの部分などはステンレスなどの金属を使用していますが、調理をするカウンター部分を木製にしているものも多いのです。

その他イタリアタイル、スペインタイルなどを敷き、デザインとともに機能面も確立する方法もあるそうです。

このように伝統的でありながら機能的なキッチンスタイルを重視しているのです。

 

反面北欧などではキッチンに積極的にモダンデザインを取り入れており、シンプルながらシックな雰囲気のキッチンも多いのだそうです。

こうしてみると同じ欧州でもそのキッチンスタイルは大きく分かれているということがわかります。

 

どちらも機能性的で使いやすい点は充分に考えられていると思います。

その家の雰囲気や、家を建てる方の好みに合わせて最適の輸入建材を選んでいくとよいと思いました